家庭用脱毛器



家庭用脱毛器の定番商品



家庭用脱毛器で後悔したこと

【第1位】全身脱毛が簡単にできると思って買った⇒実際は?

全身がキレイなビキニ女性
家庭用脱毛器は、1人で使う以上、自分の手が届く範囲のみしか処理できないと思っておいた方が良いです。

「全身脱毛がこれ一台で!!」みたいな広告に釣られて買ったものの……。

全身脱毛を簡単に済ませたいなら、家庭用脱毛器は厳しいです。
なぜなら、家庭用脱毛器が一番面倒だから!!

まず、全身脱毛って時間がかかる!ということ。
たとえば両腕の照射をするにしても、早くても30~40分はかかります。両脚なら軽く1時間はかかります。エステやクリニックならスタッフが2人がかりとかでサクサク脱毛してくれますが、家庭用脱毛器だと自分で全部やらなくてはならないので、早くても3時間程度はかかるでしょう。

それに、全身脱毛はできないということ。
なぜなら、背中やうなじ、自分で届きます?届いたとしても危ない(笑)
彼氏や旦那さんにやってもらう?抵抗なければそれでも良いんですが、たいていの女性は、自分が好きな人に「ムダ毛処理」は頼めないんでしょうか……。っていうか頼まれた方も困るような?
さらに、家庭用脱毛器ではVIOや顔など照射してはいけない部位もありますし、結局、全身脱毛するのは難しいんですよね~。

後悔する前に、本当に自分でできるのか考えた方がいいです。

【第2位】エステサロンに行くのが面倒で買った⇒実際は?

エステサロンで施術中の写真
定期的に処理する習慣を身に付けましょう。特に、キレイにしたい1部位を集中的にやるのがおすすめ!

一般的な家庭用脱毛器の使い方は「2週間に1度の使用が目安」です。エステサロンやクリニックなら2か月に1回でいいのに、2週間おきに3時間も時間かけて脱毛するって……かな~り大変です。

たしかに、時間と交通費をかけてエステサロンに通うのは面倒かもしれませんが、それ以上に大変なのは、家庭用脱毛器を使用する際のプレケアアフターケア
エステサロンやクリニックであれば、お姉さんがぜ~んぶやってくれるけど、家庭用脱毛器を使うなら、当然自分でやらなくてはなりません。お冷やしして、保湿して……

これを手間を惜しまずにきちんとできるならいいけど、たいていの人は「別にこんなもんで良くない?」「たいして変わらんでしょ」って感じで手抜きするものです。

すると一気に肌は乾燥し、ムダ毛が減ったとしても肌はガサガサ。
「こんなはずじゃなかった……」と後悔することにもなりかねません。

【第3位】エステやクリニックより安いと思って買った⇒実際は?

家庭用脱毛器が安くないという計算結果
部位によっては、エステサロンやクリニックよりも家庭用脱毛器が安いとは言えません。いくつの部位を処理したいかがポイント!

脱毛は【家庭用脱毛器<エステ<クリニック】の順で高くなると思っていませんか?

「家庭用脱毛器なら○万円で全身脱毛ができちゃう♪」ってホントーにそうですか?
全身脱毛ができると言っても、家庭用脱毛器だと自分では届かないところ、安全上照射してはいけないところ、照射しても大して効果が無いところが必ずあります。
でも、そこを放置するわけにはいかないので結局エステやクリニックに通うことになって、家庭用脱毛器の費用に追加でエステ代やクリニック代がかかってしまう人も多いんですよ。

それなら、はじめからエステやクリニックの全身脱毛を契約した方が安い場合が多いので、しっかり計算してから家庭用脱毛機を購入することをおすすめします。

はじめからどの程度の脱毛をしたいのか考えて、脱毛したい部位が家庭用脱毛器で事足りるのかどうかを考えておくようにしてくださいね。

以上のことを理解したうえで、購入すべき家庭用脱毛器は「ケノン」のみ!

ケノンを太ももに使う女性
ケノンを太ももに使う時に、もっと効率良く処理するコツとは?
ケノンを二の腕に使う女性
ケノンを二の腕に使う時に注意が必要なことって?顔の近くならでの注意事項について
ケノンをひざ下に使う女性
ひざ下は比較的、範囲が広いので、時間にも余裕があるときに処理しよう!

家庭用脱毛器はこういう人が買うべきもの

全身は脱毛しなくていい

家庭用脱毛器は、全身すべて脱毛できるわけではありません。
以下の部位に関しては、脱毛しなくていいorすでにエステなどで脱毛済、という人なら家庭用脱毛器でも問題ないでしょう。
※カッコ内は家庭用脱毛器を使用できない理由

  • VIO(安全のため、Vライン[※参考URL掲載]・Iライン・Oラインはおとなしくプロにまかせましょう)
  • 顔(安全上)
  • うなじ(届かないw)
  • 背中(届かないw)
  • おしり(届くけどやりにくくて危険!)
  • おなか(産毛ムリ、濃い毛は対応可)
  • 胸(産毛ムリ、濃い毛は対応可)
3分の1程度に薄くなればいい

家庭用脱毛器で、クリニックの医療脱毛のような仕上がりは期待できません。
医療機器と家庭用の電化製品では性能が全然違いますからね!

  • 「とりあえず目立つ濃い毛だけ薄くなればいい」
  • 「自己処理の頻度を減らせたらそれでいい」

という人は、家庭用脱毛器でも大丈夫です。

エステサロン・クリニックで脱毛するのは恥ずかしすぎてムリ

家庭用脱毛器は、通販で買う時も「脱毛器」なんて書かれてないから恥ずかしくないし、誰にも見られることなく脱毛できちゃいます!!
少しでも、部位を他人に見られるのがイヤという方は、家庭用脱毛器で自分の好きな時に、人の目を気にすることなく、思う存分、脱毛処理しましょう!

ワキだけでエステを断念した

ワキの脱毛はとにかく安いので、とりあえずエステサロンに通ってみたけれど、「行くのが面倒くさい」などの理由で断念したという場合、家庭用脱毛器にチャレンジ!というのはアリです。

近くにエステもクリニックもない

地方の場合は、近くにエステもクリニックも無いというケースはあるでしょう。あったとしてもボッタクリ価格、とかね……。
そういう人にとっては、家庭用脱毛器はありがたい存在なので、早く使い方を習得して、有効に活用しましょう。

エステに通う時間が全くないほど忙しい

家庭用脱毛器は、はっきり言って時間がかかりますが、気になる1部位だけを少しの時間で、定期的に処理するのには向いています。
忙しくて、エステサロンまで行くのが難しいという方は、時間さえ確保すれば家庭用脱毛器が重宝しますよ♪

定期的に使える方(約2週間おき)

エステやクリニックの脱毛だと2か月おきの施術が基本となりますが、家庭用脱毛器は出力が弱いこともあって、約2週間おきに照射する必要があります。
また、いつ、どこの部位に照射したか、ということを把握しておくことも大切なポイントです。

また生えてきてもいいや

家庭用脱毛器は、定期的にきちんと使用しないとなかなか効果は出ません。だらだら使っているだけだったり、途中でやめてしまってきてはまた生えるので、それでもいいや、という人は試してみましょう。
たとえば「結婚が決まったから、結婚式に向けて脱毛したい!でもエステいく時間ないし……、とりあえず結婚式のときにキレイだったらそれでいいし、結婚後はまた生えてきてもいいやw」って思えるようなケースであれば、家庭用脱毛器でもイケます!

超面倒くさがり

「わたしって~面倒くさがりだから~エステとかに通うのって無理なんだよね~」っていう人は、家庭用脱毛器を検討してみても良いでしょう。
ただし、家庭用脱毛器もかなり面倒くさいので、買う以上は、きっちり使えるようにがんばりましょうね(*^^)v

何があっても自己責任で脱毛できる方

家庭用脱毛器のデメリットは、エステやクリニックのようなサポート体制がない、という点です。
たとえば、ヤケドをしてしまったら、家庭用脱毛器の場合は自分で皮膚科に行って治療を受けることになりますし、もちろん治療費もかかります。
他にも、何かトラブルがあったとしてもサポートしてもらえるわけではないので、自己責任で使用できる人でないと難しいですね。