アトピーの方のための家庭用脱毛器使用法



家庭用脱毛器の定番商品



アトピーの方は、家庭用脱毛器使用の際に十分に注意してください

脱毛をする際に気を付けなければいけないのは、

「健康な肌に使用する」ということ。

たとえばちょっとしたキズであっても、その部分への照射は避けなければいけません。これは、エステやクリニックでの脱毛でも同じです。
高いお金払ってるのに、かぶれや、蚊に刺されて掻き毟った跡とかがあれば、「ここは避けて照射しますね~」と言われて終了。
悲しい~。

脱毛というのは、強い特殊な光を当てるものです。基本的にはムダ毛にのみ反応する光ですが、肌にはまったく影響がない、というわけではありません。

ですから、アトピー性皮膚炎の人の場合は特に注意が必要です。
アトピーと言っても軽度の人から重度の人までいろいろいらっしゃると思いますが、重度の人は脱毛はとりあえず我慢して、まずは皮膚炎の治療に専念するようにしましょう。

軽度のアトピーの場合、もちろん程度にもよりますが、脱毛は可能です。
少~しカサカサしてるぐらいであれば、照射しても特に問題はありません。
ただし、脱毛をするときに肌が乾燥していると効果が弱まってしまうので、健康な皮膚のところと比べると、カサカサのところは効果が出にくいということを理解しておきましょう。

家庭用脱毛器を使ってみたいという人も、アトピーがあって判断に迷う場合は、面倒でもクリニックやエステでの脱毛を体験してみることをおすすめします。

ワキだけとかだとかなり安いですし、ぜひ行ってみてください。
実際にクリニックやエステでの脱毛を体験してみると、どの程度のアトピーならOKで、どの程度ならNGなのか、ということが分かります。
プロから見て明らかにNGな場合はカウンセリングの時点で断わられると思います。その場合は、とりあえず治療に専念してくださいね。

カウンセリングで問題がなくても、通っている途中に悪化したりすれば、「ここは避けますね~」と言われることもあるでしょう。
何回か通えば「この程度ならNGなんだな」ということが自分でも分かるようになりますから、それを参考に家庭用脱毛器を仕様してみてはいかがでしょうか?