家庭用フラッシュ脱毛器「センスエピ」について



家庭用脱毛器の定番商品



家庭用フラッシュ脱毛器「センスエピ」の魅力とイマイチなところ

主な機能・サブ的な機能・使いやすさ

脱毛機能のみ。

センスエピは、家庭用脱毛器の中でも低価格で、もっとも手軽に買えると言っても良いでしょう。

【使いやすさについて】
ハンドピースは軽く、しかも照射面積が広いので楽にお手入れができます。
1ショットあたりの待機時間も短く、サクサク照射できるので楽しいと思いますよ。
また、「肌色センサー」がついているのも特徴的。
日焼けした肌だと脱毛の効果が無いばかりか、ヤケドの危険性もあります。センスエピでは肌色センサーが「照射しても大丈夫か?」ということを判断してくれるので、安心して使えますよ。

ただし、困るのが「音」です。
家庭用脱毛器は本体を冷却するためのファンがついていて、その動作音があるわけです。
でも、センスエピはうるさい!
静かなものだと夜中に使ってもほとんど気にならないぐらいなのに、センスエピは「ドライヤーの弱並み」の騒音がするので、深夜に長時間使うのはちょっと……。
特に、小さいお子さんがいる家庭なんかでは難しいと思いますよ。
昼間に使える人なら問題ないですかね。

※ランニングコストが高いです※
センスエピは本体価格が安いです。でも、ランニングコストは高いんです!!
なぜなら、カートリッジ1個で750発しか打てないから。一般的な家庭用脱毛器だと数万発というものもありますし、どうしても比べると劣りますよね。

たとえば両腕・両脚を脱毛するとしたら、全部で300ショット以上は必要。ということは、2回脱毛したらもうカートリッジを使い切ってしまいます。10回脱毛を繰り返すとしたら、カートリッジは5個必要。実際には10回で終わるのは難しいと思いますし、両腕・両脚以外にもいろいろ使うと思うので、満足できるまで使うとしたら何十個ものカートリッジを消費することになりますね。
仮に30個のカートリッジを使ったとしたら、総額187,300円になり、「エステで全身脱毛できるじゃねぇかw」ってなりますから怖いです……。
「エステに行くのが恥ずかしいからVラインだけは自宅で脱毛したい」とか、部分脱毛で使う分には良いと思いますが、全身脱毛に使うものではありませぬな……。

※効果について※
家庭用脱毛器でも、脱毛の効果が無いっていうことはありません。
でも、センスエピについてはちょっと特筆すべきというか……ぶっちゃけ効果は微妙です。
出力が5ジュールととても小さいので、オモチャレベルです。
Vラインやワキみたいに濃いムダ毛に対してはある程度効果を発揮してくれるでしょうが、薄いムダ毛は漏れなく効果は無いと思いますので、過度の期待は厳禁です。

■連射ショット
ナシ

■出力・照射面積
出力:5ジュール
照射面積:2cm×3cm

■1ショットあたりのコスト
7円
※カートリッジのみで計算した場合です。本体価格も計算に入れると、さらに高くなり家庭用脱毛器の中ではダントツに1ショットあたりのコストが高くなっています。

■日本製 or 海外製
イスラエル製

■購入後のアフターサポート
メーカー1年保証

■商品代金
29,900円

■購入後にかかる費用
カートリッジ:5,250円

■痛み
家庭用脱毛器の中では痛い方です。
レベルは5段階で調整できるので、レベル1から慣らしていくようにしましょう。

■付属品
カートリッジ
取扱説明書