家庭用レーザー脱毛器「トリア」について



家庭用脱毛器の定番商品



家庭用レーザー脱毛器「トリア」の魅力とイマイチなところ

主な機能・サブ的な機能・使いやすさ

脱毛機能のみ。
フラッシュではなく【レーザー脱毛器】です。

トリアは、他の家庭用脱毛器とは大きく違います。
一つは「フラッシュではなくレーザーである」という点。
そして、もう一つ、「FDAの認可を受けている」という点です。脱毛マニアの人ならご存じのはず、FDAですが、これはアメリカの公的機関で、日本で言えば厚生労働省に相当するところです。

クリニックで使用されているレーザー脱毛機でも有名なライトシェアやジェントル・レーズはFDAの認可があるのですが、家庭用脱毛器としてはトリアのみです。(そもそも、トリアは「ライトシェアを家庭で手軽に使えるようにしたい」というところから開発されたそうですよん)

【使いやすさについて】
効果については申し分ないです。
産毛に関してはさすがにクリニック並みとはいきませんが、普通のムダ毛なら問題なく脱毛できちゃいます。
しかも、照射も月に1回で良いので楽ちんですね。(フラッシュの家庭用脱毛器は2週間に1回が基本)
FDAが効果を認めたというだけあって、しっかりムダ毛に照射出来ているというのが実感できるでしょう。

他の家庭用脱毛器と違って本体自体も小さいので、収納に困らないというのも魅力ですね。

ただ、使いにくい……。

まず、本体が重たい。
ドライヤーのような、電動ドライバーのような形状をしていて、ずしっとした重みがあります。小型のちゃっちいドライヤーぐらいなものですが、それでも長時間持ってたら疲れますもんね。

そして、照射範囲が狭い!!
1平方センチにも満たない円形の照射面なので、とにかく時間がかかります。
打ち漏れが起こりやすい家庭用脱毛器ナンバーワンと言っても過言ではないでしょう……。

トリアは、ムダ毛が少ない人、それからすでにエステなどで何度か脱毛していて「残りの中途半端な毛をなくしたい」ぐらいの人には向いています。毛があるところだけ照射すればいいですからね。
でも、モリモリ生えてる人は、めっちゃ打ち漏れが発生するのでお気を付けあそばせ。

■連射ショット
ナシ

■出力・照射面積
出力:5~20ジュール
照射面積:直径1cmの円形

■1ショットあたりのコスト
充電式のため、使い方によって大きく異なります。
1回の充電で数百ショット打てて、約500回充電できるとのことですから、1ショットあたり0.1~0.3円程度になるかと思われます。

■日本製 or 海外製
中国製(生まれたのはアメリカです。)

■購入後のアフターサポート
30日間返金保証

■商品代金
49,800円

■購入後にかかる費用
充電池を使い切ったら、19,950円で新品との交換ができます。
※「高い!!」と思われるかもしれませんが、交換するまでに何十万発と打てるので、実際には交換しなくても全身脱毛が完了する人もいますし、コストパフォーマンスを考えるとむしろ安い金額ですよ。

■痛み
けっこう痛いです。
ただしレベルが5段階で調整できるので、レベル1から少しずつ慣らせば問題ない範囲だと言えるでしょう。

■付属品
充電用アダプター、取扱説明書